犬が僕らに教えてくれたこと
ラブラドールブリーダーとして、犬の専門プロショップ店長として犬から学んだ色々なことをお伝えできたらいいな…と思います。

プロフィール

エース店長

Author:エース店長
ラブラドール一筋
創り育てて14年!
出逢ってきたたくさんの
皆さんとラブラドールたち。
今までの経験を財産に、
感謝の気持ちを込めて
書いていこうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (1)
必ず読んで欲しい・・・ (31)
お問い合わせ (3)
子犬に関するお話 (81)
ドッグフード (14)
躾のお話し (9)
独り言 (37)
未分類 (182)
紹介 (10)
ごあいさつ (3)

なぜでしょうか?
今日はお散歩に引っ張りぐせのこと・・・

よく散歩をしている方に多く見ますが
特にラブラドールを飼っている方に多いのでは?

「散歩の時、うちの子は引っ張って困る・・・」と思われているかた
もう一度考えてみて下さい。

 その子はなぜ引っ張りたいのでしょうか?
 引っ張るのは本当にその子の性格的な問題なんですか?
 その子は産まれつき散歩は引っ張るものだと
 知っていたのですか?
 その子は飼い主の嫌がることをしたがっているのですか?
 飼い主が引っ張られるのが嫌なことはその子は知ってますか?
 今の散歩がお互いにとって楽しいお散歩なんですか?

可愛い子の為にもお互いに解りあいたいですね!

飼い主さんの中にもこんな方がいます。

「うちのは頭が悪いので・・・」とか
「言っても聞いてくれない」とか
「言っても解ってくれない」とか
などなど・・・

飼い主さんが一方的に言った言葉は
犬がきちんと聞いてそれが解ったかどうかが問題です。

それにはただ言っただけではダメです・・・

どんな躾も同じですが
その子の知能レベルが低いのではなく
飼い主がその子に解るように教えるのがポイント!

例えば「ダメ」ということを教えるにも
僕はこんなことを工夫しています。
 声の大きさ
 トーンの変化
 「ダメ」の声のかけたタイミング

「ダメ」にも色々です。

日常の会話の中でも
大したことのない「ダメ」や
それは絶対にやっちゃいけない「ダメ」まで・・・

犬がその「ダメ」を聞き分けるのは大変です。

その子に伝える時は
しっかりと変化をつけた「ダメ」で伝えて見て下さい。

そして、その子の行動や顔つきに注意して
しっかり観察するのも躾のポイントです!

飼い主さんの愛情をもって伝えて下さい。

その子にとって本当の幸せを
考えてあげれるのも飼い主さんですよ!!



 
dog aceのホームページはこちら♪

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル:ペット


トラックバックURL:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター


copyright 2005-2007 犬が僕らに教えてくれたこと all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法