犬が僕らに教えてくれたこと
ラブラドールブリーダーとして、犬の専門プロショップ店長として犬から学んだ色々なことをお伝えできたらいいな…と思います。

プロフィール

エース店長

Author:エース店長
ラブラドール一筋
創り育てて14年!
出逢ってきたたくさんの
皆さんとラブラドールたち。
今までの経験を財産に、
感謝の気持ちを込めて
書いていこうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (1)
必ず読んで欲しい・・・ (31)
お問い合わせ (3)
子犬に関するお話 (81)
ドッグフード (14)
躾のお話し (9)
独り言 (37)
未分類 (182)
紹介 (10)
ごあいさつ (3)

ちょっと話・・・
皆さんはどうですか?

最近、当店でお付き合い頂いている
お客様でも老犬を見かける事が
多くなった気がします…

元気は元気なんだけど…
・歩行が困難になてきた
・食欲が細くなってきた
歩行は見ているだけでかわいそうですし、
食欲が細くなるのは
飼い主さん泣かせで大変ですよね

老犬になる前に普段の生活において
毎日の生活スタイルや健康管理など
意識的に気をつける事で
元気な老犬になるかもしれません。

そこで…
≪ちょっとだけサポートになるかもアドバイス≫

①毎日の食事
②毎日の食事以外の食べ物
③足腰(関節)への負担

この3つの事については
当たり前の事でも意外とできてない
家庭が多く見られます…

①毎日の食事
  動物が生きてくのに
  一番大切な事だと思います。
  特に食事の内容については考えるべきだと
  深く思います。
  健康管理ができ、筋力が衰えない物が
  理想だと考えています。

②毎日の食事以外の食べ物
  決められた食事以外与えない!
  (人間の食べる物や必要以上のおやつ)
  食事で日頃の健康管理はもちろんですが
  毎日の生活の中で、
  主食以外の色々な物をあげていると
  老犬になって食が細くなった子などは
  本来の主食を食べなくなる傾向が
  多くみられます。
  主食をしっかり食べる生活を
  心がけておくと良いのではないでしょうか!

③足腰(関節)への負担
  足腰を弱くさせない為にも、
  ・できるだけ滑る床を歩かない
   (特にフローリング駄目です)
  ・後ろ足で2歩立ちをさせない
  フローリングで生活している家庭も多く
  大型犬は特に体重もある為
  すべる床での生活は関節に負担が多いのです。
  後ろ足での2歩立ちも同様
  腰への負担は多いでしょう。

まだまだ色々あるとは思いますが
だんだん歳を重ねていくと
若い時に無かった事がおきたり、
若い時に無かった悩みなど
少しづつ出てきますので
今から数年先を考えた生活をしておくと
元気で幸せな老犬生活を
迎えることができるのではないでしょうか…

ドックエースでは
色々なお客様の愛犬を通じ、
また、ブリーダーだからこその、
たくさんの経験をさせて頂きました。
その経験をこれからの
皆さんの犬との生活に役立てて
行きたいと思っておりますので
色々お気軽にご相談下さい!



      ドックエース 店長





dog aceのホームページはこちら♪

トラックバックURL:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター


copyright 2005-2007 犬が僕らに教えてくれたこと all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法