犬が僕らに教えてくれたこと
ラブラドールブリーダーとして、犬の専門プロショップ店長として犬から学んだ色々なことをお伝えできたらいいな…と思います。

プロフィール

エース店長

Author:エース店長
ラブラドール一筋
創り育てて14年!
出逢ってきたたくさんの
皆さんとラブラドールたち。
今までの経験を財産に、
感謝の気持ちを込めて
書いていこうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (1)
必ず読んで欲しい・・・ (31)
お問い合わせ (3)
子犬に関するお話 (81)
ドッグフード (14)
躾のお話し (9)
独り言 (37)
未分類 (183)
紹介 (10)
ごあいさつ (3)

犬の躾のポイントは?
犬の躾と言っても色々ですが・・・

まず犬は人間の言葉を理解しようとしているのです。

多くの子が出来るお座りだってなぜ覚えたのでしょうか?

犬は最初からお座りを知っていた子はいません。
最初に人間が教えたんだと思いますが
どうやって覚えたのか考えてみて下さい。

座れと言う言葉と同時に座らせて覚えさせた?
もしくは強制的に座らせてこれがお座りなんだよ?と言いながら
何度か繰り返しながらお座りが出来るようになった。と言うのが
多くの飼い主さんに多いのではないでしょうか?

「座れ」と言うのは腰を下ろすことなんだと犬は理解したのです。

どんな躾も一緒です。
上手く行かない時はその言葉が理解出来ていないからです。

最初から人間の言葉が解る犬はいませんので
飼い主さんの所に行って一つ一つ言葉を教わって行くのです。
それが犬との生活の一番の大変さでもありますが
それをある程度、理解しあった犬と人間が
本当の家族で犬との生活の幸せを感じる事が出来ると思います。

犬との生活が上手く行ってる家族も
そして今、犬との生活が上手く行っていない家族も
犬にたくさん話かける事が大事だと思います。

犬を褒めた時、叱った時
その直後その子の顔の表情やしぐさなどを良く見て
その子が今言った事を本当に理解しているのか?を
その子ではなく飼い主さんが感じる事がポイントです!!

「今の言い方はその子に本当に伝わったようですか?」
「その子はその言葉の意味を本当に理解してますか?」

言い方を替えてみたり言うタイミングを替えてみるのも
良いのではないでしょうか。

犬の知能レベルの問題を考えるよりも
まずは伝え方の方法をもう一度考えて見てはいかがでしょう!!

テーマ:LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル:ペット


トラックバックURL:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター


copyright 2005-2007 犬が僕らに教えてくれたこと all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法