犬が僕らに教えてくれたこと
ラブラドールブリーダーとして、犬の専門プロショップ店長として犬から学んだ色々なことをお伝えできたらいいな…と思います。

プロフィール

エース店長

Author:エース店長
ラブラドール一筋
創り育てて14年!
出逢ってきたたくさんの
皆さんとラブラドールたち。
今までの経験を財産に、
感謝の気持ちを込めて
書いていこうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (1)
必ず読んで欲しい・・・ (31)
お問い合わせ (3)
子犬に関するお話 (81)
ドッグフード (14)
躾のお話し (9)
独り言 (37)
未分類 (183)
紹介 (10)
ごあいさつ (3)

最近あった出来事・・・
つい最近、あってはいけない事がありました。

当犬舎の子を飼って頂いているお客様のところで
本当にあったお話です。

このお客様は
愛犬ラブラドール♀「Mちゃん」が
お腹の調子を崩し病院に行きました。
その時の獣医さんは近所で
まあまあ評判の良いと言われている
獣医さんでした。

その時に色々な検査は受け、予想外の検査結果で
なんと「子宮蓄膿症」と診断されました。
家族の方は検査の結果と、そう思われる症状についての
説明を受け、一刻を争う状態ではないけれど早めに手術を…と
勧められたそうです。
その後、飼い主さんもこの病気のことを自分なりに調べ、
これはやはり手術をしなくてはならないと決断をしました。

この話の凄いところはここからです。

以前から家族の方はMちゃんの子供が欲しいという希望が
ありましたから、何か大きな手術だったり、他にも何かあれば
相談をして下さいねとお話していました。

その時のお話を忘れずにいてくださった飼い主さんは
その病院での経過と診察結果の連絡を僕にくれました。
そして手術をするのならば、僕がいつもお世話になっている
獣医さんにお願いしたいと言ってくれたのです

僕はすぐに病院の医院長先生に電話をし、内容を説明した上で
Mちゃんを見てくれるようお願いしました。
すぐに見てもらえるとのことだったので、飼い主さんに
連れて行ってもらいました。

すると…なんと!!子宮蓄膿症ではないとの結果!
「Mちゃんは間違いなく子宮蓄膿症ではありません」と
先生が説明してくれたそうです。
Mちゃんは手術の必要など全く無く、大きな病気でもなく、
このまま元気で問題がなければ将来子供を産むことも可能だと。

最終的には、良かった良かったって話なんですけど
皆さんはどう思います??
最初に行った病院の「子宮蓄膿症」はなんだったの~?

でも本当は簡単に「良かった」と言える話ではないですよね。
飼い主さんが支払った治療費や病気を告げられたショック、
手術と聞いて悩んだ気持ち…等々。
僕もこの仕事をしていてこんな感じの話はよく聞きます。
(このブログでは書けませんが…)
なので、またか…って思いました。
一般的には最初の病院で手術になっていたと思います。
それを考えるとぞっとしますが、もしかするとこんなことは
良く起こっているのかもしれません…。

皆さんも十分に気をつけて下さい!

評判の良い動物病院んだからといって
絶対大丈夫ってことでもないですし、
人が良い獣医師だから「その子」の病気を
治せるってことでもないですよね。

飼い主さんが冷静に判断をしなくては
しゃべることのできない「その子」が
辛い目にあってしまうこともあるのでは…。

今回のケースでは
Mちゃんの飼い主さんの勇気ある行動によって
Mちゃんは手術をしないで助かりました!

良かったぁ~~僕もホッとしました!



dog aceのホームページはこちら♪

トラックバックURL:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター


copyright 2005-2007 犬が僕らに教えてくれたこと all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法